「未払い残業代返還請求」対策診断セルフチェックシート
「未払い残業代y返還請求」の外部環境
パートナー企業様募集!登録はコチラ
就業規則の重要性

未払い残業代返還請求の対策

「未払い残業代返還請求」の影響
未払い残業代請求の対策
未払い残業代請求の像岡は多くの中小企業の廃業につながる、引いては産業基盤の弱体化に繋がりかねません。
注意: ただし、賃金時効の2年以内に、請求権利者が民法第153条の「催告」を行う事で、時効が6ヶ月延長され、更にその6ヶ月以内に裁判上の請求 を行った場合は、時効の中断の効力を生じます。
未払い残業代請求リスクを少しでも減らすために・・・
現在の賃金制度→今後の賃金制度
以上の3点の早期対応で少しでも早く未払い残業代を減らすことが重要です。
就業規則の重要性

社会保険労務士の顧問業務としては、法改正に合わせた就業規則改正、社会保険の手続業務、給与計算などが一般的ですが、この様な従来のルーティーン業務を行っているだけでは残業代未払い対策が着手できないままになってしまいます。
結果として未払い残業代を請求された時には対策を行っていないことが原因で、企業側は言われるがまま残業代未払い分を支払わざるを得ません。

しかし、中小企業側には未払い残業代請求訴訟のリスクが十分伝わっていない為、未払い残業代返還訴訟に対して無防備な状態である企業がまだまだ多いと予測されます。

対策については、しっかりした提案から就業規則の作成まで行える社会保険労務士にご相談ください。
ご相談・お問い合わせは
お問い合わせフォーム