「未払い残業代返還請求」対策診断セルフチェックシート
「未払い残業代y返還請求」の外部環境
パートナー企業様募集!登録はコチラ
就業規則の重要性

未払い残業代返還請求の対策

就業規則の重要性
就業規則の見直し
近年の労使間トラブルの原因は、就業規則の不備によるものがほとんどです。

最近では、労働基準法等の知識や情報を、インターネットでも容易に得られるようになり、
労働条件に要する要求が厳しくなっています。
労務トラブルで裁判に至ると、就業規則の内容を見られる事になります。
さらに、労基法第120条でも、でも就業規則の作成及び届出に違反した場合、作成・変更に関する規定に従わない場合、制裁規定の制限規定に違反した場合、法令または労働協約に抵触する就業規則の変更命令に違反した場合には、それぞれ30万円以下の罰金が設けられています。
今のうちに就業規則を見直し残業についての内容を定めておく事で今後のトラブルを防止することも可能となります。
現在の賃金制度→今後の賃金制度

毎年、労働法関連の法律の創設・改定が続いています。
このような流れに対してインターネット、書籍等で容易に手に入る就業規則のテンプレートをそのまま使用してしまうことは大変危険な事であると言わざるを得ません。


テンプレートでは最低限の項目しか含まれていないことがほとんどです。
最低限の項目があれば必要書類としては通りますが、何かトラブルが起きた時には会社を守るために何の役にも立たないことがあります。


テンプレートは、労基法、労働契約法などを確実に理解した上で利用する分には便利なものですが、そうでないと、改正に十分対応していない古い雛型を使用してしまうケースも考えられ、本来、労使間のトラブルを防ぐはずの就業規則が、逆にトラブルの原因になることさえあります。

 会社の状況に応じて作成された就業規則は労使間トラブルから
 会社を守ります。
テンプレート就業規則のままで大丈夫ですか?
労務監査のチェック項目事項
就業規則の作成・見直しのご相談は
お問い合わせフォーム